撮影現場で何をすればいいの?流れを掴もう!③

前回までのおさらいはこちらです。おさらいは必ずしておいてください!

撮影現場で何をすればいいの?素人が現場に学ぶ最初の一歩①

撮影現場で何をすればいいの?習慣化しよう②

上記二つのことが頭に入ったら、次にやってみた方がいいことは、流れを把握することです。

流れとは?

学校で映像作品を作る授業をしたことありますか?映像作品を作るには、まずどんな企画なのか?を考えます。次にその作品を作るのに何が必要か?必要なものを集めていく作業をします。その後、撮影の段取りを組んで順番に撮影していきます。撮影が終わったらポスプロ(編集)作業をして、完成。できたものを納品する、こういった最初から最後(完成)までを一連の流れと言ったりします。

撮影とはどういう流れで物事が進むのか?をしっかりと考えて自分のものにし理解することが大事です!

この“流れを把握すること”に全ての時間を費やしてもいいかもしれません。

それくらい重要です。

誰が何をしているのか?

なんのためにそれをしているのか?

それをするための準備をいつから始めているのか?

流れをつかむことが出来れば、プロになった自分が何を優先して進めばいいか?必然的にわかるようになってくるかと思います。

そして、これも練習だと思って、いっぱい悩んでみてください。

社会に出ると、ほとんど一連の流れがあります。

きっと物事を早く進めていくために、色々な方が努力した証だと思うのですが、その流れになることで、仕事をより効率的に早く進めていけます。

流れって大事ですね!

次は、現場でやるべきことのまとめ会にしたいと思います!!