ロケマップの書き方

制作の仕事っていろいろあるのですが、その中でも最初にできる様になりたい。

ロケマップとは?

簡単に言いますと、出発場所から、撮影場所までの道と、到着した時にどこに車両を止めるべきか?車をどの様に整理すべきか?どこから建物に入ればいいか?などを詳細にしわかりやすく書いたものになります。

最近ではPCを使用して作ったりもします。

実はこのロケマップをただの地図描きと思っていたら大間違いです。

ロケマップを書く本当の意味とは?

その真意は5つあるのですが、今回は1つだけ。

現代ではカーナビがありますし、グーグルマップに住所を入れれば徒歩でもナビしてくれますし、地図なんて書く意味ないじゃん。と思っている方も少なくありません。

ただ単純に場所を示すだけであれば、住所を送ることだけで問題ないと思います。

撮影隊は少なくても30人多ければ100人にもなります。

車輌も5台から10台くらいの大所帯で動いています。

この人数が共通認識を持って進まないといけないため、情報は無駄な時間を作らないための重要な役割です。

そこに誤差を生まない様にするため、

誰が見ても、その場所にたどり着ける様に、駐車場所がどこか?徒歩ではどうやってくるのが近いか?近くにコンビニはあるか?最寄駅はどこか?高速はどこで降りるのか?など正確な情報を伝える役割を持っています。

このロケマップの制作が、適当になると、作成している自分自身の能力も向上しません。これについては、マインドや受け取り側の認識も大事になってくるので、簡単には説明できませんが。

ロケマップをちゃんと作れる制作を目指すべきだと思います。

少なくても僕のチームはロケマップを作る意味を理解しています。

ロケマップを作る意味をちゃんと理解し、無駄なものを作らない様になることを目指していきましょう。