BG-身辺警護人- 〜超一流から学ぶ②〜

こんにちは、小柳です。

今日は現在撮影中のドラマ「FLYBOYSFLY」を見学させていただきました。

れんれん、細くてかっこいいw

これからのジャニーズを引っ張っていくに相応しいルックとStyle。

本日の撮影は、ドラマの舞台となる飛行機が見える場所での撮影。

なんと朝4時おきでZIPに出演して、昨日発売した歌の宣伝後の現場だったみたいです。しかも本日はかなり遅くまで撮影がかかるらしい。。

それでも、情報をかき集めると、疲れた顔1つせず一生懸命に演技をする姿に直向きを感じています。素晴らしい。この時代を牽引していくアイドルになれる存在だなぁ。と僕なんかが評価して良いかわかりませんが、改めて思いました。

ツイッターを見ていると「キャプれん」というワードが目につきまして。

キャプれん。

キャプテンは、大先輩のあの人じゃん。と思い、僕が知ってるあのドラマのことを思い出しました。それはこちら↓

アイムホームを制作後に、ご指名を受けて参加させていただいた作品です。

最初の立ち上げが大変でした。

最近噂されていますが、続編あるのかなぁ。。笑

まぁ体制は変ります。

いろいろ知っているけど、秘密にしておきます。知りたい方は、こっそり教える。。教えると怒られてしまうから秘密です!

さてと。ここからが本題です。

前回はキャプテンの努力をする姿をみせない強さについて、書かせていただいたのですが(リンク貼っておきます↓)

アイムホーム〜超一流は影で努力する〜

今回はキャプテンから学んだこと第2弾です

その場を最高に楽しむ

どういうことかと申しますと、なんとなくわかってもらえたら嬉しいですw

撮影の現場って実はものすごく過酷で、夜中まで撮影して朝早くて寝れないし、ロケが多いので暑かったり寒かったりするし、理不尽なこともたくさんあり精神的にも辛い時もあって逃げ出したくなることだってあります。

実際、僕のチームの新人からきたライン↓

わかる!!!

僕も同じでした。慣れるまで時間は少しかかるかもしれません。

こういう状況になった時、どうすればいいか?これが今回の学びのテーマでもあります。

皆さんもご存知かもしれませんが、BGの撮影中は、キャプテンの周りで本当にいろんなことが起きていたと思います。真実は知りませんが、はっきり言ってぶつけたい怒りだってあったはずです。

どんな状況でも毎日同じように笑ってくれて、

同じように会話してくれて、

同じように接してくれていました。

そんな精神的に辛い状況だとしても、顔色1つ変えずに。

人前では絶対に弱い部分をみせない。

どんな状況になっても、

その場を楽しむことができるから、負けない力を出せるのかもしれません。

どんな時もキャプテンは、素の自分でいるからずっとかっこいいんだと思います。

落ち込んでるときも、悲しいときも、苦しいときも、辛いときも、その場を楽しむ努力をすることで、物事の見え方が変わり、捉え方も工夫できるようになるかもしれません。

エンタメの世界は自分が楽しめなかったら、

きっと周りの人や、見た人を楽しくさせることはできないでしょう。

まずは自分が思いっきり楽しんで、いくべきだと思っています。

そのために、くだらないことで悩むのはやめましょう。

これ↑めちゃくちゃ大事ですよ。

だって世の中のことは大体がくだらないことだらけですから。

最後までお読み頂きありがとうございました。