アイムホーム〜超一流は影で努力する〜

先日テレビ朝日さんに呼ばれ、打ち合わせをしていたら懐かしくなり

当時のことを振り返りたくなったので、思い出したことを書いてみようと思います。

TBSの連続ドラマ「安堂ロイド」をきっかけに

「アイムホーム」「BG〜身辺警護人〜」とたて続けにキャプテンの作品の制作にご指名いただきました。

正直、僕には荷が重い仕事。。

と思っていたけれど。

だって、青春時代にロンバケやらラブジェネやら、

大好きだし、めっちゃかっこいい憧れの人だったわけで。

忘れもしません!

安堂ロイドの顔合わせで白いスーツに身を包んだキャプテンに挨拶するだけで、冷や汗をかいた瞬間(笑)

白いスーツが似合う人なんて北島三郎以外生で見たことありませんでした。

安堂ロイドが終わり、次のキャプテン主演のオファーがくる瞬間、一流の仕事ができるチームになった証だと思ってもいいと自信がつきました。

いやー、次の作品も是非やりたいなんて思っていますが、先々まで仕事が立て込んでいるので厳しいかもしれません。

さてさて

アイムホームの思い出といえば。

キャプテンの家が見つからなくてギリギリまで探していた(笑)

あのロケハンは大変だったなぁ。

最後いきなり火事のシーンもあるし。

あの住宅街でよくあんな撮影やらせてもらえたなぁ。

というのはさておき、僕が伝えたいのはここからです。

一流の人は、努力の影を見せない

このニュアンス伝わりますでしょうか?

見た目はいつもカッコいいよね。

と思うかもしれませんが、もしかしたらカッコよくなるための努力を何処かでしているのかもしれない。ということです。

僕が見たキャプテンの最も尊敬するところは、いつでもかっこいいところです。

それはきっと何倍も見えない部分で努力を重ねているからだと思います。

本人に「努力して素晴らしいですね」と伝えたらきっとこう言うと思います。

「努力なんてしてないよ。当たり前」

努力をすることが習慣になっているから苦でもないんだと思います。

超一流は当たり前に努力をこなします。

努力することを習慣に出来たら、一流になれるかもしれません。

さてさて、僕が見たキャプテンのすごいところも上げておきます。

①台詞を間違えることがない

スタッフやキャストの前でほとんど台本を開くことがありません。

台詞を完璧に覚えて撮影にくるのです。

いつも一流の俳優だなぁと思います。

きっと相当ハードなスケジュールの中なのに、台詞が入っていなく(覚えていなく)NGになったことなんて1回もなかったかもしれません。

②椅子に座ることがほとんどない

撮影現場中はキャストの皆さんに休む為の椅子を用意するのですが、現場中は全く座りません。作業しているスタッフと同じ目線で現場にいてくれます。

本当に心優しい方だと思います。

③何故か現場の最前線にいる

ロケをしている時、その場所がスターの登場で大騒ぎにならないように、どうにかスターがいることがバレないように隠す努力をするのですが。

キャプテンの場合、誰よりも早く現場にいて現場を歩き回り、とりあえずパニックになっているということが何回かありました(笑)

そんな中でも、僕らがサインダメですよ。写真ダメですよ。って制止しようとすると「いいよ、書くよ」ってファンの皆様にももちろん優しいです。

④まとめ

撮影現場のことを考え、様々なアクションを起こし、自由に撮影を楽しむキャプテンとの仕事は最高に楽しいです。

超忙しいスケジュールなはずですし、それでも俳優根性というか、裏で努力しているであろう姿を絶対に見せないキャプテンは男として本当に尊敬すべきカッコいい方だと思っています。

キャプテンと仕事をして僕のチームのスキルも数倍上がりましたし、これからもキャプテンから学んだ、仕事に対するカッコ良さの追求を、後輩たちにも伝えていきたいと思います。

超一流の人は影で努力をしているが、その努力が習慣となっているので、何1つ苦ではなく当たり前のようにこなせる。

これが理想だと思っています

また機会があればキャプテンと次は一緒に映画をやりたい。

そう思っています!!