ファーストインプレッションを演出せよ!!第一印象は人の記憶に残る。弁当発注のコツ!

映画サイレント・トーキョーの思い出を振り返っています。

クランクイン初日の撮影はカンボジアでした。

10月28日祝クランクイン!晴天〜

嘘です(笑)

カンボジア風の日本でした。

映画を見た皆さんをちゃんと騙せるか心配です。。

撮影はやっぱり楽しいですね。

台本に書いてある言葉が1つ1つ具現化していきます。

美術・装飾が一生懸命デザインし飾りをし、撮影・照明・録音の技術チームが、

しっかりと画を作る。

制作部がロケハンし、撮影の準備を整えてくれて、演出部がその現場に段取りをつけ進行していく。

監督が俳優に演技の演出、カット割の指示を出し、まさに総合芸術です。

いやー、楽しい。

ワクワク笑

この一言に尽きるます。

さあ、午前中の撮影が終わり、この日はクランクイン弁当でした。

とんかつとサバ味噌のどちらかのお弁当。(写真を撮り忘れました。。。)

うーむ。

普通だ。

とても普通なお弁当。

小柳智則小柳智則

お弁当を頼むときのコツを伝授するの忘れていたな。しまった。。。

ということに気づいてしまったので、お弁当発注のコツって何か考えてみましょう!

弁当発注とは?

そもそも弁当発注って何?というところから説明すると

制作進行の業務の一つで、スタッフ全員のお弁当を頼むという仕事があります。

(制作の仕事を詳しく知りたい方はコチラをクリック→ロケハンのプロは制作部

これがまた難しいのです。

撮影が始まると、朝も昼も夜もずーーーっとお弁当。

スタッフの撮影以外の楽しみの一つでもあります。

毎回違うオカズで、種類が同じにならないようにいろんな業者を調べて、発注をしなければいけません。

毎日変わるスタッフの数を数えて、時間の読めないスケジュールに合わせて配達をしてもらう。この作業が実に大変です。

美味しいお弁当を頼むことを求められるので、かなりセンスがないとクレームの嵐がおきます。笑

例えば800円のお弁当でも、いろんな種類がありますよね?冷凍だけを入れてる、お弁当から全部手作りの惣菜を入れたもの、カレーや丼もの。

同じ値段で頼めるならば、「よりおいしいものを食べたい」というのが、みんなの理想だと思います。

種類の選択肢も「最近夜遅くてみんな疲れてるだろうから体に優しいものにしよう」とか「寒いから、あったかいものにしよう」など制作進行の発注の仕方次第で、かなり変わってきます。

それでは、経験値の少ない制作進行の場合、どのように弁当発注をしていけばいいのでしょうか?

知識も経験もない中で、どのようにやるべきなのか?

お弁当屋さんに片っ端から連絡したり、先輩から情報を集めたり、努力はしなければいけませんが、ちょっとしたコツを伝授したいと思います。

ファーストインプレッション(第一印象)

とにかくこれがものすごく大事です。

第一印象です。

最初の印象が良いと、その後に印象が悪くなるようなことをしてしまっても、自分の質が落ちるようなことが少なくなります。

「おっ、わかってるね〜」という感じを相手に与えることです。

これだけでものすごく信頼度(信用)が変わります。

この信頼(信用)というのが、とても大事です。

はっきり言ってこれだけ覚えておけば大概は何とかなります(笑)

コツです(笑)

これはお弁当の見た目だけではありません。

  • みんながお腹が空く時間の予測が正確で、その時間にお弁当を食べれているか?
  • お弁当を食べる場所は快適なのか?
  • 暑い夏には冷たい飲み物、寒い冬にはあったかい飲み物を用意していて、ちゃんと気配りできているか?

など

一番最初に、自分はできるんだとアピールしてみてください。

最初の演出に失敗しないようにやってみてください。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。

また明日!!!