自分の武器を探せ。人の真似をするならやり方を考えるべき

自分の武器ってなんだと思いますか?

ギャルとデブ。

15年前の写真ではありませんw

渋谷といえばギャル。といってもグリーンの布。グリーンに渋谷を合成して渋谷の駅前を作る予定です。まさに映画。

そして今でも彼女達は唯一無二のギャルです。

時代を作るには人と同じことをしていてはいけません。彼女達は何かの伝統を受け継いでいるのかもしれませんが、自分達が好きなように、しゃべりたい言葉を選択して、着たい服を着て(昨日は気温1度なのにかなり薄着)、やりたいことをやって、自由に世界を楽しんでいます。

これって本当に素敵なことです。生きることの理想系です。

彼女達の姿を見て、本日お伝えしたいのはコチラです。


武器!

自分に武器があれば、その武器を磨く必要があります。

武器を探す

最初にやるべきことは、自分の武器を探すことです。

意外にも自分の武器が何か気づいていない、わかっていない人がとても多いと思います。「そんなもの一つもない」という人はこの世に存在しません。

情報を好きな時に、好きなだけ得ることができる時代になり、昔に比べ目まぐるしく急速に周りが変化していっています。

そこで改めて考えたいこと。

自分が人よりも優れていることって何ですか?

一番である必要はありません。人よりも少しだけならこれができるってありますよね?それが自分の武器になるんです。

自分の武器が何か考えてみてください。

何でもいいんです。

  • 声が大きい
  • ルックスが良い
  • 髪が綺麗
  • 文章力がある
  • 背が高い
  • ギャルである
  • デブである

などなど探してみるとありますよね?

何だそんなことならと思うかもしれませんが、まずは自分の武器に気付かないとそれを伸ばすことを考えることすらできないと思います。

自分の武器が何かわかったら次にやることは、その武器を磨くこと。

武器を磨く

見つけた自分の武器を磨かない人が多すぎる。

周りの人に合わせたり、真似をしたりすることに必死で、いつの間にか自分の武器がサビている人いませんか?

磨き方に説明など入りませんよね?

自分の武器は磨いて伸ばす。

武器は磨かなければどんどんサビついていきます。逆に、使えば使うほど、鋭い切れ味に進化していきます。

であれば使わない手はありませんよね?

一つ間違えてはいけないのは、

自分だけの武器を、人から真似て作ったものと同化すること。

一流になるためには、一流の人の真似をしろって言いますよね?

この意味を勘違いしている人が多い。

真似をすることはいいことだし、スキルやノウハウやマインドを学ぶにもいいことですが、自分の武器を隠す必要はありません。

真似をしていく中にも自分の武器は残すべきです。

黒髪がとても綺麗な女性は、周りにいる友達や、芸能人の真似をして髪を染めたりする必要もないです。大和撫子な黒髪を武器にした方が断然強い。

自分の武器が何か気づいてなかったら、きっとパーマをかけて、髪を染めてしまいます。それが悪いことというわけではありません。もしかしたら、その武器がより一層輝くかもしれません。自分の武器に気付けないことがまずい。気づいてなければ磨く前に、武器を殺している状態です。

まとめ

武器を手に入れたら、今度は自分が進化していくべきです。

「いまどき」って笑っていた人も彼女達がなぜこの姿なのか共感が生まれていませんか?

武器に気づくってそういうことなのかもしれません。

渋谷という東京のど真ん中に時代を気づいてきたのは、紛れもなく女性です。ギャルです。一番や唯一のものを目指す必要はありません。

この世のすべてのものが受け止め方次第で簡単に変化していく。これは解釈の仕方たったこれだけです。

真似をして生きていくことは間違えれば、自分を殺す可能性もあるので、気をつけてみましょう。

解釈の仕方について学びたい方はコチラをクリック→tm club

自分の武器となるものを必ず見つけましょう!!

本日も最後までお読みいただきありがとうございました。