自由な選択肢。やるかやらないかは自分で決める。

こんばんは。

もうすぐ10月も終わってしまいます。

映画の制作もラストスパートで気合いを入れてロケハンをしております。

今日はクランクインを目前にして、お芝居のリハーサルをやる中で尊敬する先輩プロデューサーからこんな話を聞きました。

『芝居を感情線で、つける監督の演出って面白いんだよな。動きで芝居をつけると俳優のテンションが落ちていくのがあからさまにわかるんだよね』

意味わかりますか?笑

ふむふむ、さすが尊敬する先輩だなぁ。と思いました。

連続ドラマの演出と映画の演出の大きな違いがここにあるのかもしれません。

さて、本日から本格的に学生のみんなが、スタッフとして参加し始めました。

やりとりを見ている中で、”もしかしたらこんな気付き”があるともっと伸びるかもしれない。と思ったことがあったので、それをシェアしていきたいと思います。

自発的にやる

『今日の仕事は終わりだから、もう帰ってもいいよ』と言われて、そのまま帰るという選択肢ともっとやりたいので、残って自習するという選択肢があるはずです。

仕事に対する姿勢について、どのように考えていけばいいのでしょうか?

自由な選択肢

学校で学んでいる時間、友達と遊んでいる時間、寝ている時間、自分の時間は自分で好きなようどう使うのかを決めることができます。

さて問題です。

例えば、あなたがプロになるための研修として撮影の現場にいったとします。

あなたは、どのようなスタンスで仕事をしていきますか?

与えられた仕事だけをこなして、プロの仕事を経験した満足感に浸るのか?

与えられた仕事を終えた後、残って台本を読んだり、スケジュールの読み方を勉強したり、周りにいるプロのスタッフの仕事を見て覚える努力をするのか?

選択肢は自由です。自分の人生です。好きに決めていいと思います。

しかし、プロを目指していくのなら間違いなく後者の選択をした方が、早くお金も稼げるようになりますし、一人前になれるでしょう!

誰かに言われた時間だけでなく、やろうと思えばその仕事にコミットできる時間は確保できると思います。

1日6時間しか学ばない人と、1日12時間あるいは仕事のことを1日中考えている人とでは1年後、倍以上のスキルの差がつくと思いませんか?

いま自分がやっていることに極力集中し、本当にやらなければいけない選択肢を、間違わないように選んでいきましょう。

自分の価値を高めていくには?

自分の価値を高めるために、早くからできうる限り努力することが大切です。

そうなるためにやるべきことを下記にまとめてみました。

  • 帰ってもいいと言われても自分の時間があれば自主的に残って作業をする
  • 家に帰ってからも自分にできることがあるかを探す
  • 与えられた仕事以外に興味があることについて調べたりする
  • 与えられた仕事の内容を復習し、必ずなぜそれをすべきなのかということを考えてみる。
  • 質問をたくさんする
  • 失敗してもいいからとにかく挑戦する

いま何をすべきか?

それを決めるのは自由です。自分でやりたいと思うことを自分で決めてください。

目の前にある時間は2度と戻ってきません。

いまやるのもよし。やらないのもよし。

ただやった人間だけが次のステップに進めます。

友達と馴れ合いをしに、現場にきているのでしょうか?

学ぶべきことは、その先にあるのではないでしょうか?

やるか?やらないか?その選択は自分で決めれます。
さあ明日からも頑張っていきましょう!

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。