理不尽な世界

昔からずっと変わらない世界。

映像業界もたくさん闇があったりします(笑)

さてさて僕が業界に入ってからずーーーっとそうなんですが、実はフリーランスの世界は超理不尽なんです。

会社に所属してもそうかもしれませんが。

とにかく仕事を始めた頃は、納得がいかないことばかりで本当に辛かった。

先輩の意見が絶対で、会う人会う人意見も違うし、全員命令してくるし、何が正しいんだかわからなくなることだっていっぱいありました 笑

なんでこんな話をするかと言うと僕のチームに所属している新人の女の子(若干19歳)がつらくてつらくてと悲鳴をあげていたからです。

先輩プロデューサーから教えて頂き、本人にすぐメールを送り少しは精神的な回復もできたんじゃないかと思うのですが。

寝れない。暑い。体力的にもしんどい。そしてとにかく理不尽なことが多い。

そりゃつらい。

こういう時はどうすればいいか?

ここが大事です。

我慢する。というのはあまりよくはないかなぁと思うので僕なりに考えたことを書いていきます。

理不尽なことが多すぎる

まず最初に情報の整理が必要です。とはいえそんな、落ち着いていられるか!!ってのが本音かと思います。ですがこれができなければ次に進めません。

深呼吸して。すーはー

なぜ情報の整理が必要かというと理不尽を感じる時は、自分の中にある、フォルダーがキャパオーバーしている可能性があるからです。故に何が起きてるか冷静に判断できていない状態だと思います。一番最初に自分がやるべきことはなんだったのか?焦らずに、思い出すことが大事です。

次に、できることからやる。

全部を一気にやるなんて、超完璧な人間でも難しいと思います。

あふれた情報を1つ、また1つと順にこなすこと。できることからやることで、”自分ができる“と脳が錯覚しはじめたらしめたものです。

リズムもでてきて気づけば全てのことを終わらせているかもしれません。

そして、上記2つだけでも整理はついているかもしれませんが。

相手の気持ちになりながら、自分がやるべきだと思ったことだけをやる。

超重要です。

ポイントは、自分の意見や目線だけで物事を捉えないこと。

視点を変えることの意味はこちらを参照下さい

相手の気持ちになる。

これができれば、理不尽なことがなんで起きたのか?自分の中で整理できるかもしれません。

最初はみんな感じることだから、とにかく頑張れ!!!と応援することしかできないけれど、

新人は全員そうだと思うので、理不尽に負けないようにがんばりましょう!

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。