好きなことに出会う〜映画が人生を変える
Pocket

自分が大好きだったり、憧れた映画の世界で働くための入り口は、Googleで調べてみてもなかなか見つけられません。

「どうやってこの業界に入るのだろう?」

この壁にぶつかって最初に挫折する人も多いと思います。なんとなく映像の専門学校が見つかって、そこに進学してみても、なんだか周りと馴染めなかったり、映画に詳しくないとダメかもとマインドがくずれたり、学校に行っても就職できるのは一握りで、むしろフリーランスで生きていく人が多い業界のため、仕事のもらい方がわからなかったり、かなり悪循環だと感じます。

「誰でもできることではないし夢を叶えられる人っていいよね」

「好きなことやって生きてるの幸せでしょ?」

「夢を目指せるのは一握りだよ。羨ましい」

「え?」もしかして、夢は叶えられないものだとでも思っているのですか?いやいや誰でも夢は叶えられます。間違いなく。

映画を見たこともなかった私が、どんな風にプロデューサーになったかをお話しさせて頂くのが一番わかりやすいと思うので、それをお伝えしていきます。

僕が初めて映画館に行ったのは、高校2年生の時でした。

友人から「彼女紹介してやるよ」明日空いてる?と言われ不純な動機で映画館に向かいました(笑)初めて座った映画館の椅子は少し硬く、それよりも友達から紹介してもらった女の子と何を話せば良いか分からず頭がいっぱい胸いっぱいでした。

アルマゲドン https://youtu.be/w6TGKCbssIA

映画なんて面白くないだろうと思っていた僕は、衝撃を受けました。

見たこともないカッコいい映像とカメラワーク。スケールが大きな物語。ハイクオリティなCG。気持ちを高ぶらせる音楽。全てが現実と思えなくて(映画なので現実ではありませんが 笑)映画ってすげー。

エンドロールがエアロスミスのミスアシングと共に名前があがってきて、、、

超カッコいいぃぃぃーー!!!

あまりの衝撃に、世の中のことがどうでもよく感じて、家に帰って親に興奮して話をしたこと覚えています。

「俺、映画作るわ。エンドロールに名前のせる」

親はポカーンとしてました(笑)いきなり「何を言いだすんだこいつ?」と思ったでしょう。どうやったら映画を製作できるのか夢中で調べました。そして、大学へ進学するためにしていた準備を全て辞め、映像制作を学べる専門学校へと歩みを進めました。

何かをやるきっかけなんて、こんなものです。偶然出会ったものを大好きになりそれを一生かけて死ぬ程努力したら夢は誰でも叶えることができます。

野球やサッカー選手など身体的な限界を超えてやるものは難しいかもしれません。ですが、選手がダメでもそれに近いことはやることができるはずです。夢はやりながら変わっていっても問題ありません。

業界に入ってから今日に至るまではなかなか壮絶な話もあるので、また今度詳しくお伝えします。

それにしても若いって素晴らしい(笑)

映画を見たことがなかった僕でも今は映画の制作に携わっていますし、しかもプロデューサーをやってます(笑)

もしかして私自身の能力が昔から高かったのか?いやいやクソみたいな人間ですのでそんなことありません。

夢を叶えるためには「絶対に諦めないこと」と「本気でその挑戦に向き合う」こと。

この二つをやってみてください。

自分を諦めないそんな人生を目標に夢に向かって一緒に突き進みましょう!

本日も最後までお読み頂きありがとうございました。